FC2ブログ

上手い歌より、あらゆる人に伝わる呼吸、共有できる空気を

歌の本質は共有すること。
知識を、ではない。
空間を、だ。
主義主張でもない。それらは、あっても順番は後。

体を楽器にして、喉と接続し、空気を創る。
空気は読めても読めなくてもいい。

肺から外の世界までなんの障害物も作らない。
それがありのままをさらけ出すこと。

感情をさらけ出すのではない。
感情はあってもなくても良い。これも二の次である。
自分の肺と世の中を繋げること。

これは簡単ではない。

自分の苦手な人、緊張する場面、苦手な人種、嫌いな主義主張の人の前でも、まず共有する空気を創り、壁を作らない体になること。実はそんな体になることが、人間にとっては自分が感動を生み出す楽器になることなのである。
空気を創るとは、雰囲気ではなく、まさに体を使った、直接的な行為だ。

しかし、人は壁を作ってしまう。
自信をなくして、あるいは劣等感から、憎しみから。

もし嫌いな人種や宗教、主張の人間に、こころから歌を褒められたら、私ならきっと嬉しくなってしまうだろう。
「お前の考えは間違っているが、本当に感動した」と。
それは「お前は嫌いだが、存在は認めてやる」
そんな風に言われたような気分になるだろう。

それは私たちが分かり合える第一歩だと思う。

歌い手や役者に平和的、博愛的な考えの人が多いのは、まず言葉を超えた動物的な地球人としての共有があるからではないだろうか。いや、共有しなければ表現は始まらない。共有が先にあって、その結果平和的になる。。。

ギスギスした世の中。コロナウイルス、先の見えない経済と政治、誰もが損をしたくなく、多くの人が閉塞感を感じているこの世の中で空気を創り、共有することは難しい。

でも、それがあれば、あらゆる考えの人間が、オープンに正々堂々と議論をたたかわせて、化学反応を起こし、新しい考えや次の一手をそして休憩時間には一緒に歌い、食べる。
そんな人間が増えればきっと世の中は良くなる…そんな風に思う。

これは言っている私からしてむずかしい。
すぐに落ち込み、それと同時に、壁を作り、排除しようとしてしまう。

でも、諦めない。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply