FC2ブログ

【記事更新】その腹式呼吸合ってますか!?「声楽やポップス」と「お経や民謡」の腹式呼吸・発声の違いおよび危険性と、歌に必要なたった一つの「決まりごと」

ボイストレーナーの浜渦です。

声楽やポップス、ロック、ミュージカルなどの西洋由来のボーカルや演劇と、日本の「お経や民謡」の腹式呼吸・発声は、実は似て非なるものです。

どちらも同じ腹式呼吸と名はついていますが、目的も使う場所も、重心の位置も違います。

多くの人が、またレッスンの現場で、腹式呼吸は日本式で西洋の歌を教えたり、民謡発声でオペラを歌ったりしてしまう現実があります。

西洋の歌由来の歌は、まず個人の感動や思いを表現することが第一です。
感動とは、反応です。レモン100パーセントのジュースを飲んだり、熱いやかんを触って「熱っ!」と驚くのも、その反応の一つです。
それを再現するのが西洋の歌の、第一義と言えるでしょう。

民謡やお経は、民族や宗派のの誇りや己を捨て去るところに第一義があるのではないでしょうか?
この時点で目的が違うのです。個人は後回し。素晴らしい部分であり、今日の歌を歌うには足かせになる部分でもあります。



ボイトレというと、手っ取り早く、上手くなってという方が多いとは思いますが、本当にみなさんが自分を発揮して、個性あふれる本物の歌を歌い、それが、みなさんの人生そのものを豊かにしていく。

それが私の願いなのです…と書くと、堅苦しく感じるかもしれませんが、レッスンの現場は、感動の再現のしあいで、身も心も軽く、笑いのたえないものです。歌ってそういうものだとおもっていますから!

本記事はこちらです。是非およみくださいね。

「声楽やポップス」と「お経や民謡」の腹式呼吸・発声の違いおよび危険性と、みなさんの歌に必要なたった一つの「決まりごと」

感動的な歌、オリジナリティあふれる歌が歌えないという前に知ってほしいこと。「感動を伝えるのに必要な自然な体の反応から生まれる呼吸について」「歌に必要な腹式呼吸は西洋と日本では似て非なるもの!?目的がそもそも違う」「日本の民族性は個人表現が苦手?」

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply