FC2ブログ

舌(舌根)を安易に下げようとするのは危険

ボイストレーナーの浜渦です。
新ブログに移行するまでは簡易更新になります。
詳しい解説は新ブログにて行う予定です。

さて、声楽をやっていると必ず出会う「舌を下げろ」
特に奥の方の「舌根」と呼ばれる部分ですね。
この舌を下げるようとするのは、喉を開けるためだと思うのですが、大変危険です。
実は喉が開くとき、ついでに下がるのが舌根であり、舌根だけを下げるのは不可能だからです。
しかし、多くの方が、根性論的に、舌を無理やり下げてガチガチになってしまいます。

舌は下げるのではなく、下がるもの。
スプーンで押さえるなどもってのほかです。

私の生徒さんでしたらもうなんのお話かお気づきでしょうし、どうすれば結果として舌が下がるかもご存知のはずですね♪

ヒントは舌よりも「下」に注目することです。
と言っても首ではありませんよ。

喉の本当の開け方、音楽大学や、東京芸大なんかでしっかり、理由とやり方の両方で教えてほしいものですが、いまだに多くは自分で頭を使って開発するしかないというのが現状のようです。

若い歌い手の皆さん。
舌根は気にしだすと余計硬くなるのが普通です。
喉を開けるとは、舌や口蓋垂を気にしては、たとえ開いてもカチカチになり、本末転倒となってしまいますので是非ともお気をつけください。

最後に見えるヒントを。
一番簡単に喉を開け、舌を下げるヒントはココです。
喉を開けるときに気にするのはここ
【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply