FC2ブログ

「喉の力を抜く」ということについて

ボイストレーナーの浜渦です。

皆さんの中にも、「喉に力が入る」「喉が硬いt」と感じたり、またレッスンを受けたことがある方は、
「喉の力を抜きなさい」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。
どうすれば抜けるのでしょうか?なぜ抜かなければならないのでしょうか?

喉の力を抜けと言われた時点で実は手遅れ…


衝撃的なことを言いますと「喉の力を抜け」と言われた時点ですでに力を抜くのはほぼ不可能です。
ということは、先生も酷なことを言っているということですね^^;
一旦入ってしまった余計な力を抜くと、声は破綻します。
歌う方もそれがなんとなくわかるから「いまさら」力なんか抜けないわけです。

そもそもなぜ喉に力が入るのか


そもそもなぜ喉に余計な力を入れてしまうのでしょうか。
ほとんどの方は、喉に力入れてはいけないことは知っていますし、高い声を出す妨げにはなりますし、声が硬くなったり、痛めたりする要因になることも知っています。なのに力を入れる…。

それは「余計な力を抜くと声が出ない」また」出る気がしない」「息が続かない」からに他なりません。
だから余計な力を入れてしまうのが本当のところです。
逆に言えば、正しい音程を出したい、間違えたくない、ちゃんと歌いたいという気持ちが喉に力を入れてしまいます。

発声はそもそも喉は一切使わない!?


さてその喉の力なのですが、実験的に以下のようなことをしてみてください。

1.ちょっと驚いた感じでゆっくり息を吸う
2.1.で吸った息を「な〜んだ嘘か」という感じでホッとして吐いてしまう

アホみたいな感じですが、この時の2.のだらっとした感じを、歌を一局歌い終わるまで一切変えないのが正解です。
つまり、力を抜くのではなく「そもそも一切使わない」という感覚が正解なんですね。

発声の本当の基本


発声の基本は、腹式呼吸?共鳴?ミックスボイス?
…答えはNOです。

基本は、
「胸(みぞおち周り)を人が感動した時の状態(つまりある程度膨らませた状態)でキープすること」

もうひとつが、先ほどの
「喉を、だらっとしたまま一切使わない」
この2点です。
これはすごく大切なのですが、なぜかほとんど教えられることがありません。

そもそも私たちも人間という楽器です。
胸を膨らませた状態というのは、太鼓やピアノのように、楽器として良い音が鳴る状態を形作るという行為です。
他の楽器は形は変わりませんが、私たちは、息を吐いただけでも変わってしまいます。
※その胸の形を変えないために使うのが「腹式呼吸」なんですね。その理由を知らずに腹式呼吸の練習をしても役に立たないというのはそういうわけです。

つまり、喉は使わず、胸は固定が基本なのです。

ところが、喉を使ったり胸の圧力を変えると、簡単にお手軽に音程やボリュームを変えることができてしまうんです。
絶対やってはいけない禁断の果実なのですが、一旦覚えると、なかなかやめられません。

胸と喉を使わないとどこを使うのか?
背筋・腹筋…最後に声帯です。

これらはどんなに使っても周りから見て苦しそうに見えませんし、喉を痛めません。
ただし、本人はほぼ全身運動となりますのでスポーツのようなしんどさはあります。
喉はだらっとしたまま、胸もほぼ固定したまま、なのにあらゆる音程・音色・音量を出す。
ここが声の本当の魅力なんです。

多くのプロの方が、背中で歌うというような表現をするのはここに理由があるのですが、背中を使って何をするのか?なんのために背筋を使うのか、これにもちゃんとした理由があります。
これについてはまたの機会に・・・

お読みくださり、ありがとうございました。



【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply