FC2ブログ

歌や絵「表現の時間」だけでも人生の優先順位を変えてみませんか?

ボイストレーナーの浜渦です。
一生懸命練習することはとても大切ですよね。
しかし第一の目標は表現であり、間違えないことではないはずです。
歌においては、歌詞を覚えること、音程を覚えること、リズムを覚えることは、表現のための一つ一つの手段であって、それ自体が本来の目標ではないと思うのです。
それはアマチュアであればあるほど、重要なことだと思います。
プロはあらゆる手段を駆使して、表現するだけでなく、納得やより大きな感動を生む責務も生じてくるでしょう。

しかし、クラシックの声楽の発表会など、歌詞を少しでも間違うとパニックになって止まってしまう人が多く、また間違えないで最後まで歌えると、その間違えなかったことをほめ称えたり…
それはちょっとちがうのではないでしょうか?


私が言いたいのは、歌うことはとても楽しいし、大切なことですが、それも表現している「ついで」であって欲しい。
もっと言えば、

生きているついでに表現し、表現しているついでに声を出す。
声を出すついでに歌う。
歌うついでに音程や楽譜上のリズムも合わせてみる。


これが表現におけるあるべき優先順位だと思うのです。
なのに、歌詞を間違えると、人生の終わりみたいな顔をしてしまっては…
確かに言うは易しで、実行は難し、です。

子供の頃から正解であることを強く求められてきた人や世代には余計難しいかもしれません。
しかし、それを覆す楽しさがあるのが表現の世界でもあります。
歌うとき、絵を描くとき、表現の時間だけでも、
人生の優先順位を変えてみませんか?


  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply