FC2ブログ

最初は息は続かなくても良い!

ボイストレーナーの浜渦です。
息が続かなくて困っている方は結構多いですが、その結果何が何でも息を続けてやろうと、喉を詰めたり、変な鼻声になってみたり。

ズバリ言いましょう。
長い目で見ると…

最初のうちは息は続かなくて良いです!

ボイトレ初心者に心がけてほしいことは、
呼吸の流れを楽しむこと。
そのために
気道を確保し、
声帯を、ほとんど「息を漏らしながらでいいので」そっと出すこと。
それよりも、息の流れを感じてから、声を出す感覚を感じ取ってください。
そのために声が1秒しか続かなくても構いません。
この声を出す瞬間に一瞬息が止まってしまう方が非常に多いのですが、空振りしても良いから(つまり息だけで声にならなくて良いから)呼吸の美しさ・力強さを楽しむことです。
もちろん、この時点では鼻腔共鳴なんてもちろん必要ありません。
それより、胸に感動的な呼吸を「溜め」を楽しんでください。

こうしているうちに、呼吸はしなやかさと緩急を覚え、
そのしなやかな呼吸こそが声帯を柔らかくし、しなやかに鳴らしてくれる素晴らしいパートナーとなるのです。

ここまでくれば、あとは声帯の閉鎖を覚えれば良いのですが、これはそんなに難しくありません。
(ところが、呼吸のしなやかさを覚える前に閉鎖や共鳴を練習してしまうと、大変難しくなってしまいます。たとえ簡単にクリアできても、基礎を置き去りにしてしまう可能性が大きいです)

私が言いたいのは、ただ声や共鳴、高い声のためのボイトレは絶対にしないこと。

それらは、しなやかに声帯を鳴らすためのしなやかな呼吸を覚え、それを基本に表現の幅を広げるための練習のバリエーションを増やせば、自然に身についていくものなのです。

どうしても我々日本人は、真面目すぎるのか、
楽しむ、伝える、共有するという当初の目的を忘れて、その手段ばかり求めてしまいがちです。
それは本末転倒。

私もそのことに気づくのに結構時間がかかりましたが…
焦らずに、たのしむことが、本当のボイトレの第一歩ですよ♪


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply