FC2ブログ

「自分の声が好きではない」という方へ(663文字)

自分の声が嫌い


「自分の声が嫌いなんです」

そんなご相談をよく受けます。
私も本当に自分の声が嫌で仕方ない時がありました。
話し声すら出したくない、聞かれたくない時期が…。
これから何回かに分けてこのお悩みについて、お話ししたいと思います。

↓ブログランキング参加中です。1日1クリックおねがいします↓
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ



声は「現時点での」精神と身体のバランスの結果


これは私の持論でもあるのですが
「声は現時点での精神と身体のバランスの結果である」
という事を、まずは意識していただきたいと思います。
そしてそのバランスがまず崩れていないか?
声の出し方や、呼吸法に思いを至らせる前に一度考えていただければと思います。

バランスの悪さをご自分の声から感じ取っていて、その結果として自分の声が嫌いと感じてしまう。
そういう方は非常に多いと感じています。

本当に気持ち良く歌ったり、表現のセリフができる方は、その時の自分の声の好き嫌いなど感じていません。
精神と身体のバランスを楽しんでおられます。


目的を認識して取り組もう


このバランスを無視して、発声法にこだわってしまわないように、まずは気をつけていただきたいと思います。
精神と身体のバランス、などというと、少々胡散臭く感じるかもしれませんが、あらゆる技術は本来そのためにあると言っても過言ではないでしょう。
そのついでに声「も」磨かれ、音域「も」伸びていくのです。

ですから、バランスを取るという目的を忘れて発声オタクになってもいけませんし、
いくら精神といっても精神論的トレーニングに陥ってもいけないのです。

さて今後は、どうすれば嫌いな声を好きになれるか。
具体的な原因と対策を考えていきます。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply