FC2ブログ

しばらく(長期)声を出していなかった、出せなかったあなたへ(741文字)

いろいろな事情でしばらく声を出さなかった、長期出していなかった。
歌えなかった…
そうなるととても不安になりますよね。
私も初めての長期入院から退院した時、声が戻るのか大変不安でした。

結論から言いますと、私の場合不安は杞憂におわりました
もちろん、すぐにはもどりませんが、しばらく出せない環境にあることで、
必要な筋力も落ちますが、発声のために酷使していた声帯やそれを動かすための体は確実に休めているのです。

そしてもっといいことがあります。
声を出せないことは発声に一番大切な「想像力を養う」ということです。
普段簡単に声を出せてしまうと、その声に慣れてしまって自分の理想を見失ったり、
「どうやって出すんだっけ?」と声を出すたびに迷ってしまったりということが多々起こります。
しかし、出せないこと、出さないことで、想像力は確実にUPします。

おすすめの方法は、ついでに「耳も休ませる」ことです。
耳も休ませることで、もっと想像力がUPします。
難しいですが、もっと頑張って音楽を聞く時も声のないもののみを聞くのも良いでしょう。
そして、我慢した先のここぞという時に「お気に入りの」「目指している歌手の」歌を聞いてみてください。

涙が出るほど新鮮な感動と「こういう風に声を出すのか!」

というものが伝わってくるはずです!

まとめますと、
●決して出せない期間はマイナスではない
●声と身体を休ませられる
●理想を取り戻し、想像力をupさせられる

いいことたくさんあります!
ですから決して焦らないでください。
声はいつからでもいつだってきっと振り向いてくれます。
私もそうだったんですから!

※中には声帯を失って発声ができなくなってしまった方もいらっしゃるかもしれません。
どんなボロボロでも声を出せることに幾重にも感謝しながら…

↓ブログランキング参加中です。1日1クリックおねがいします↓
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply