FC2ブログ

童謡・唱歌をふつうに歌えるようになろう(375文字)

童謡や唱歌はゆったりしたものが多いですね。
例えば「赤とんぼ」
これを美しくとまでいかなくとも、普通に聴かせるのは結構難しいことです。

このためには呼吸が綺麗に流れていること。
その呼吸が子音母音の変化で止まったり早くなったりしないことが求められます。
つまりは「呼吸の粘り」という基礎が出来ているかどうかがバレてしまう恐ろしいジャンルでもあるわけですね。
すごい声のオペラ歌手でもなかなか歌えなかったり、ハードロックやメタル系の方の中に上手い方が沢山いたり。
演歌の方は大抵、そしてデーモン閣下やROLLYさんや玉置浩二さんや山本潤子さんなどは、崩さずに上手く歌えることが想像できますね。

声の良さや高い声を焦って作る前に、
まずは呼吸の粘りです。
これを覚えると、声はしなやかに、高い声や自由な表現もできるようになりますから、
焦らずに「急がば回れ」でお願いしますね♪

↓ブログランキング参加中です。1日1クリックおねがいします↓
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply