FC2ブログ

意識と無意識「関係図」(319文字)

表現とは、無意識の行動の再現と言えるかも知れません。

私たちは無意識にはできることを意識するとできなくなりがちです。
無意識だからこそ驚けますが、台本に「驚く」と書いてあるとなかなか驚けません。
しかし、意識してできるようになったことは、無意識の時に再現できるようになります。

本番は頭にはストーリーが入っていてもまるで初めての出来事であるような無意識性が必要です。
そのために、意識していろんなことができるようになりましょう。
意識してできるようになったことが無意識にどれだけ滲み出るか。
これも大きな実力の要素でしょう。

何年か前に書いた意識・無意識の関係図です。いまみると気になるところもありますが、眠れぬ夜にサラッと書いたものです。
参考になれば。

  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply