FC2ブログ

舌根を下げようとすると舌根はますます上がる?上がる理由と対策が大事です

ボイストレーナーの浜渦です。

舌根を下げろ!

これは昔から声楽の世界でも言われて来たことです。
舌根が上がると、気道がは狭くなり、声も硬くなります。

そもそもなぜ舌根が上がってしまうのか?
それは強くゆったりとした呼吸が作れない、
また呼吸を声帯が捕まえられない、
大抵はそういう理由で、
つまり、必要な力や基礎ができていないために、
舌根が代わりに頑張ってしまうのですね。

↓ブログランキング参加中です。1日1クリックおねがいします↓
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ


基礎ができていないのに無理に舌根を下げようとすると、
下はますます硬くなったり、団子になったりしてしまいます。
舌根が代わりに頑張らなくても大丈夫なように基礎を作ることが大切です。

間違ってもスプーンで押さえるなんてことはやめてください。
ほぼ逆効果です。

でもてっとり早く舌根を下げる方法もあります。
人によってその方法は異なりますが、

例えば、
汚い話で申しわけありませんが、
人は「もどしそうになるとき」舌根はさがります。。。

「ぅおえっ!」

というときですね^^;
ちょっと気持ち悪くならない程度にやってみましょう。
このとき、
「ぅお」で止めます!
「えっ!」までいくとまた舌があがってくるのです。

・・・とまあ、このように、発声のヒントは普段の生活の中に隠れています。
それはそうですね。
我々の歌やセリフも日常生活からうまれてくるものなのですから・・・

今日は簡単にここまでにしましょう!
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply