FC2ブログ

Tag

ボイストレーニング 1/5

ボイストレーニングSONG-VOICE-LIFE(東京)スクール紹介

画期的浜渦ボイトレメソッドで「あなたを輝かせる声」を浜渦メソッドは「空間」を「キャンバス」と捉えることで、自然で豊かな表現のため「最適解の呼吸と声」が自動的に生み出だされる、従来のボイストレーニングにはない画期的メソッドです。声楽・ボーカル、声優・俳優、一般の方、プロの方から全くの初心者まで経験は全く問いません。さあ、声に悩む方も、歌が嫌いになってしまった人も、一歩踏み出してください。あなただけの...

  •  0
  •  0

伝わる「高い声・大きな声」を出すための優先順位とその方法(序)

ボイストレーナーの浜渦です。高い声、良い声、大きな声が出したい。でも出ない。そんな方は大変多いです。そもそも、なぜ良い声、高い声を出したいと思うのでしょうか。これまでも書いてはきたのですが、これから何回かに分けて、使える・伝わる本当の高い声と、自然で美しい声のシステムと、手に入れ方を浜渦メソッドに則って解説していきたいと思います。答えだけ簡単に書けよと思われるかもしれませんが、残念ながら簡単に書け...

  •  0
  •  0

お客さんの「耳」は恐ろしい存在!?

ボイストレーナーの浜渦です。お客様の耳。もちろん、ありがたくも恐ろしい存在。今日は、ただお客さんだからという理由ではなく、その恐ろしい理由をfacebookページに書かせていただきました。もし聴いているひとが「無理しなくて良いよ」と、言ってくれたなら「苦しい声出すな、こっちまで苦しくなる!」と言われていると思ってちょうど良いのですもちろん、本気で思いやりで言ってくれていることも多々あることでしょう。でも、...

  •  0
  •  0

【本当の喉の開け方】喉は「開ける」ではなく「開くもの」

No image

ボイストレーナーの浜渦です。歌を歌う人、芝居をする人、喉を開ける事は大切です。しかし…「喉が開けろ」と言われると、多くの方が、力技で開けようとしてしまいます。そして、レッスンではなかなか開け方は教えてくれません。教える方も、開けなければならないのはわかるのですが、それをどう言えばいいのかが難しいのです。そのため、口蓋垂を云々、舌根を云々と言われ、生徒さんはどんどんカチカチになっていく、負のスパイラ...

  •  0
  •  0

【重心コントロール】なぜ「歌のうまさ=演技力」なのか?【センスとは何か】

No image

ボイストレーナーの浜渦です。漫才師の方などで、漫才も面白いが、役者もやるし、歌もうまいし、声優までやるような方がいらっしゃいますよね。なぜ、あれもこれもできるのか。その訳をツイッターに書かせていただきました。なぜ歌の上手さと演技力はイコールなのか。それはどちらも同じように体幹と呼吸を重心を使ってコントロールするからだ。だから出来る人は漫才師をやりながら、役者、声優、歌とやったりする。しかもすべて卒...

  •  0
  •  0

【ボイトレ動画】無理やり息を続かせる前に、好きなところで自由に表現のブレスができるようになろう

No image

ボイストレーナーの浜渦です。facebookにupしたボイトレ動画です。「ルールを守って表現(自分)を壊す。そんな風潮はいやですよね。歌だって、楽譜上のブレス記号の位置を、自分の表現を使い方を壊してまで無理やり守るくらいなら、言葉の途中でも、伸ばしている音の途中でも自然に吸った方が100倍良いと思います。それで僕みたいに下手でもええじゃんよ♪」…という解説ボイトレ動画です。私の個人ページのタイムラインよりシェアし...

  •  0
  •  0

「将来のある本物の初心者」になろう!!歌う(表現する)身体を作れば声帯や呼吸法は考えなくても動き出す

ボイストレーナーの浜渦です。今回の話は極めて大切な話です。文章ではわかりにくいのでくどい書き方になりますが、お許しください。(文才がない・・・)しかし、対症療法的なボイトレではなく、感動的な響きを発生させるという大切なことですので、宜しければ是非ご確認を。歌うための身体、表現するための身体とはなんでしょう。ピアノで言えば、楽器本体、ボディの形です。誰もが思いうべるグランドピアノの形とでも言えば良い...

  •  0
  •  0

歌唱や台詞における「レガート」とは何か?

ボイストレーナーの浜渦です。「レガート唱法」という言葉を聞いた事はありますでしょうか。レガートに歌うという事ですが、平たく言えば、「音と音との間を切らずに、平滑に、なめらかに歌う事」と言ったところでしょうか。しかし、ここでよく間違いが起こってしまいます。音と音とを無理やり切らずに歌おうとした結果、肝心の呼吸がブツ切れになってしまうことです。私は、生徒さんに以下のように解説しています。(もちろんその...

  •  0
  •  0

【話すように歌う】声より息を、息より気持ちを、気持ちより…。【大きく絵を描こう】

ボイストレーナーの浜渦です。人が自然に感情が沸き起こって、声になるまでには順序と強さのルールがあります。声より息を力強く。息より気持ちを強く。気持ちより世界観を大きく。これが崩れると上手い歌も良い声も生かせない…#ボイストレーニング— ボイストレーナー浜渦弘志 (@h_hamauzu) 2018年4月25日これは表現のルールです。声を絵や書に置き換えても私は同じことだと思っています。この表現のルールが達成された時、あなた...

  •  0
  •  0

「歌に表現を載せる」のか「表現に歌を載せるのか」順番を間違えないで!

No image

ボイストレーナーの浜渦です。本日まで関西レッスンでした。本当に楽しかったです。生徒さんと楽しい表現の時間を分かち合える。互いに成長する。目的と手段がはっきり見えてくる…こんな嬉しい事はありません。もちろん、どっちが偉いとか、ありません。ある訳がないのです。さてさて、まずは本日のツイートより。そのまま歌っただけではつまらないから表現をつける…これは対処療法であり間違いです。面白い表現を音楽に、楽譜に近...

  •  0
  •  0