FC2ブログ

Archive

2018年08月 1/1

「愛される努力」歌や芝居に限らず本当に自分に向いているものを見つけたい方へ…

ボイストレーナの浜渦です。歌や芝居、仕事等、あらゆる表現活動。これらに愛するのか、愛されるのか。本当に自分に向いているものを見つけたい方、見つからないとお嘆きの方にも…何かやりたいことに愛されたいならば、また、やりたいことが見つからないならば、その「何か」に「愛される」努力をしてみよう。それが身体を開くこと。身体が開けば想像力が溢れる。溢れるから…表現せずにはおれなくなる。だから、好きになる。見つか...

  •  0
  •  0

身体・メンタル・方法論のバランスを

No image

ボイストレーナーの浜渦です。10数年前に比べて、どのボイトレレッスンも論理的になってきました。しかし、策士策に溺れるの例えあり。方法論は、それを活かす身体と、表現したいという想いがあって初めて役に立ちます。適切な方法、体調、気力。このバランスが難しい。どれが欠けても他に影響してしまうが、適切な方法が気力を起こしたり、気力が体を起こしたり、体が適切な方法を見つけてくれたり。足の引っ張り合いでなく、仲良...

  •  0
  •  0

甲子園校歌録音の思い出

No image

ボイストレーナーの浜渦です。もう15年~20年前でしょうか?私は夏の甲子園の校歌録音(試合終了後に勝利校の校歌が流れるあれです)に5年ほど参加させて頂いていました。ABC朝日放送の広い、確か第1スタジオで毎回録音。(なぜかレコーディングではなく「録音」の方がしっくりくる)校歌録音はバス2人、テナー2人でやっていたわけですが、私以外は名前は出せませんが、当時トップクラスの名歌手(いまでも大活躍中)揃いで、参加当初は...

  •  0
  •  0

【重心コントロール】なぜ「歌のうまさ=演技力」なのか?【センスとは何か】

No image

ボイストレーナーの浜渦です。漫才師の方などで、漫才も面白いが、役者もやるし、歌もうまいし、声優までやるような方がいらっしゃいますよね。なぜ、あれもこれもできるのか。その訳をツイッターに書かせていただきました。なぜ歌の上手さと演技力はイコールなのか。それはどちらも同じように体幹と呼吸を重心を使ってコントロールするからだ。だから出来る人は漫才師をやりながら、役者、声優、歌とやったりする。しかもすべて卒...

  •  0
  •  0

自分の表現ができるもの同士は認め合える

No image

ボイストレーナーの浜渦です。好き勝手書かせていただきます…--------なんに於いても自分の表現ができる者同士はルールがなくても分かり合える。歌で言えばブレスの位置やリズムの感じ方すら違っても素晴らしいハーモニーになる。バラバラのようでいて、なぜか溶け合うのだ。さらにそんな者同士が表現を提案し合えば、もっとすばらしくなる。それが本来のセッションというやつだ。それができないひとほど、卒業式の「(せーのっ!)...

  •  0
  •  0

浜渦ボイトレメソッド「動画化」プラン「メニュー」一覧

No image

ボイストレーナーの浜渦です。facebookページにも書かせて頂きましたが、最近ボイトレ・レッスンの動画化を望む声を多く頂いております。私の生徒さんの多くは口コミで来てくださいます。その中で「紹介したいのだけど、浜渦さんのレッスンは分かりやすいが、なぜかなかなか言葉では紹介するのが難しい」というご意見があるのも事実です。私のレッスンはまずは体現して、腑に落ちて頂いてから、論理は後からというスタイルです。レ...

  •  0
  •  0