FC2ブログ

ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE!

画期的ボイストレーンング浜渦メソッド。空間をキャンバスと捉えることで体を自然に開き、どなたでも自由で豊かな表現のための最適解の呼吸と声が自然に身に付く従来のボイトレの常識を覆すボイトレ-ブログ版-

【YouTube】体も開く喉の開け方【動画】

ボイストレーナーの浜渦です。
【体も開く喉の開け方】
「喉を開かないといけないのはわかっている」けれど、どうすれば喉を楽に開けられるのかは、分からない・・・
そんな方のための動画です。


【詳しい解説はこちら】

【動画あり】《身体も開く「喉の開け方」》歌唱力・音域・表現力UP!【浜渦ボイトレメソッド】

無理なく喉と身体を開き、美しい呼吸で自由な歌唱と自然な響きの声と表現を手に入れる為の徹底解説です。見えない声をわかりやすく浜渦メソッド・ボイストレーニングで解説。声楽・カラオケ・その他ボーカル、声優・俳優、日常会話まで、声を使う全ての方に。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

【お腹の力の「感じ方」】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

ボイストレーナーの浜渦です。
30秒で読める簡単ボイストレーニングアドバイスの第3弾です。

凧と凧糸を引気合う感覚

お腹周りを鍛えることは大切ですが「出ていく呼吸を凧糸を引くように制御するために」と感じるだけでこうかはまるで違います。


「お腹に力を入れろ」「腹から声を出せ」と言われても、なかなかわかりませんよね。言われた通りに力を入れたのに、余計怒られたり…そうやら入れ方がまずかったようです。

呼吸は吐く力と吸う力のせめぎ合い。

横隔膜と下っ腹(丹田)で引き合いをするような感覚を見つけてくださいね。これがわかると今度は体幹の必要性も分かってきますよ。頭でわかってもなかなか身につくことはないのです。


なんのために力を入れ、それはどうすれば良いのか。それを想像しやすい「たとえ」に置き換えて実践することは、私もたとても大切にしています。
どんなに正しくても雲を掴むような話ではなかなか身につかないのです。
【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「…ん?…ちょっと待てよ…」の呼吸にヒントあり】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

ボイストレーナーの浜渦です。

ジワジワと謎が解けていく感覚

「…ん?…ちょっと待てよ…」と『ジワジワと謎が解けていく感じ』を形態模写してみましょう。その時に入ってくる呼吸、のど、目の使い方…表現に最適かもしれませんよ。



自分一人だけジワジワと「あれ!?もしかして、わかってしまったかも!?」って思う時ってありますよね。
その謎が解けていくときの時に吸う呼吸、喉の奥行き、体の開き方、表情などに注目してみてください。

実生活で知らず知らずに出てくる行動に、歌唱・演劇・演技・朗読・姿勢…全ての表現のヒントがあります。
それは教科書には載っていません。

それではまた♪

元記事はこちらです。

【「…ん?…ちょっと待てよ…」の呼吸にヒントあり】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

実生活のありふれた行動に呼吸法のヒントあり。教科書には載っていない目からウロコのボイストレーニング。考え方を変えれば歌は上手くなる。声も自由になる。演技も上手くなる。姿勢も良くなる。自分がわかる。そんなボイトレのヒントをごく短くご紹介していきます。実生活のありふれた行動に呼吸法のヒントあり。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

【余計な力が入る理由】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

【余計な力が入る理由】

余計な力が入る理由は「必要な力が足りないのを補ってくれているから」と考えると、余計な力も、ただの悪人ではないことがわかります。



脱力しようとしてもできない方、脱力がよくわからない方は、このように考え方を転換してみましょう。
結果だけをなんとかしようとせず、原因や原因の遠因に目を向けてみましょう。

元記事はこちらです。

【余計な力が入る理由】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

目からウロコのボイストレーニング。考え方を変えれば歌は上手くなる。声も自由になる。そんなボイトレのヒントをごく短くご紹介していきます。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

【呼吸も声もどんどん良くなる】下の歯の先端に息を集めて強く粘る息を作る方法【レガート唱法】

ボイストレーナーの浜渦です。
本家WEBサイトにてご紹介させていただきましたボイトレ記事をこちらでご紹介しますね。

【呼吸も声もどんどん良くなる】下の歯の先端に息を集めて強く粘る息を作る方法【レガート唱法


1分で簡単解説


普段から下の歯の先端に息を集めて、擦り(こすり)当てつもりで話すようにしましょう!

たったこれだけで、呼吸も声も、体の使い方もどんどん良くなります。
軽く唇(特に下唇)を尖らせるとなお感覚を掴みやすくなるでしょう。

イメージとしては、下の歯の先端に強い息を滞留させつつ、少しずつ前へ押し出していくイメージです。

これができると、息が詰まったり飛び出したりせず、適度に喉や口腔内にとどまり、しかもどんな発音が来ても滑らかに(レガート)、また高い音へもスムーズに移行しやすくなります。

普段日本語を話している私たちが、実践するには、少しコツがあります。
特に「標準語」は、自然な呼吸の流れよりも、言語・発音の標準化が目的で作られているため、発音イントネーションの「山」の形の「正しさ」に引っ張られて、呼吸の自然な流れを作るのが意外と苦労します。
しかし、多くの歌や本に書く言葉は標準語が基準ですので、ここを看過するわけには行きません。

詳細解説


拗音(ようおん)を使ったより詳しい実践方法や解説は、こちらの更新した記事をご覧ください。

【呼吸も声もどんどん良くなる】下の歯の先端に息を集めて強く粘る息を作る方法【レガート唱法】

おうちで、どなたでも気軽に、大きな声でなくても実践できるボイストレーニングをご紹介。今回は拗音(ようおん)の発音と下の歯の先端に息を集めることで、レガートに滑らかに、自由に歌う練習方法をご紹介します。プロの歌手とアマチュアとの差がつきやすい部分です。一般の方が苦手な部分を、拗音をうまく隠しながら使っているプロがたくさんいます。拗音とは何かを含めて解説しますね。



動画でも解説予定ですのでまたご紹介させていただきますね。

無料体験レッスン受付中!「オンライン・ボイトレ」のさまざまなメリットをご紹介します

ボイストレーナーの浜渦です。
みなさま無事にお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルスに罹患された方々のみならず、春の陽気な気候の中、様々な病気、また苦難に立ち向かっておられる全ての方にお見舞い申し上げます。

さて、現在のような状況下で3月から全てのボイストレーニングレッスンを、オンライン…今風に言うとリモート・レッスンに切り替えております。
(テレワークという言い方はどうもなじめないですね…)

これまでも、海外在住の方向けに限定定期にSkype等を使ったレッスンは実施しておりましたが、zoomやFaceTime、メッセンジャー、LINE等、ビデオ通話の手段と質の向上により、随分そののメリットも際立ってきました。
私が重要視している、呼吸音(ここから、喉の開き方、体の使い方、気持ちの伝わり方、呼吸の強さ・速さ・持続性などがわかります)もきれいに入るようになり、より実践にたえるものになってきました。

オンラインレッスンのメリット


オンラインレッスンのメリットは、まず手軽。
自宅からの受講される方が多いのですが「リラックスできる一方、自宅にいながら、心地よい緊張感も持てた(生徒さんの感想)」と言われるように、本番に一番必要な心の持ちようも再現できます。

2つの近さ


生徒さんからいただいた「近さ」のメリットに関するご意見を紹介させていただきます

●「一度レッスンを受けたかったが、オンラインのおかげでやっと受けることができた」
●「最初は緊張したが、意外と距離感が近く、親しみやすい」
●「スタジオレッスンも良いが、画面なら覗き込めるのが良いですね。実際のスタジオではここまで近づけません(笑)」

という「距離感」に関する好意的なご意見をたくさんいただいております。
最近は、関西方面・富山・福島からのレッスンも多く、横浜にいながら、皆様とのつながることができて、私もワクワクしながらレッスンさせていただいております。

「遠くにいてもレッスンができる近さ」
「スマホやPCの画面という物理的近さ」


この2つの近さに私も大きな魅力を感じています。
-参考記事-

「2つの近さ」遠くて近い、オンライン・ボイトレ|ボイストレーナー浜渦弘志|note

ボイストレーナーの浜渦です。3月から全てのレッスンを、ビデオ通話によるオンラインレッスンに切り替えております。(今風に言うと、リモート・レッスン、テレワークとでも言うのでしょうか…) これまでも、海外在住の方のために例外的にオンライン・レッスンはしておりましたが、年々通話の品質も良くなり、通常のボイトレ・レッスンにも十分、実用に耐えるものとなってきたように思います。 私が重要視している呼吸音もきれいに入るようになり「こんな音の呼吸から声に繋げましょう」というようなことも容易になりました。(呼吸音から、体の使い方や喉の開き方、息のスピード、強さ、伝わる声に繋がるかどうかなどが、かな



畳半畳で、体も心も健やかに


オンラインボイトレは、場所をとりません。
大きな声が出せなくても、話し声くらいで、十分な効果が期待できるメニューを用意しています。
もちろん、体全体を使い、から台のパーツが楽器の構成部品のようにつながり動き出す感覚を実感していただけます。
また、体とシンクロして感性を総動員できるように指導させて抱いております。
と言ってもこの感覚はどなたでも持ち合わせていものを引き出すだけであって、特別に難しいことをやるわけではありませんのでご安心ください。

ボイトレ・歌唱練習は、世界で一番、場所を取らない芸術であり、スポーツである
と、私は考えております。
何より心がワクワクすることでしょう。

ボイトレは、勘違いしがちですが、理論と科学的トレーニングがその本質ではありません。
大切なのは、自分の体や眠っていた感性や体の反応を、自然界で起こりうる、人間が起こしうる行動として再現することです。

例えば、自然に感動し、驚くこと。
この中にも表現・声・歌唱のヒントがぎゅうぎゅうに詰まっています。
呼吸の取り入れ方、ため方、押し出し方、声との混ざり方、声の自然さ、音程の自然なつながり、発音の自然さなど、すなわち感動を再現することで、これらが腑に落ちて理解できます。
その結果得られるものが、理論であるのです。
つまり、適切で誰もができる、あくまで自然の再現の実践があって、理論が後からついてくることで「なるほど!」があるのです。(もちろん、生徒さんによっては先に理論を先行させる場合もあります)
腑に落ちる…これほど、身につくものはありません。

「ああ、これがミックスボイスか」
「だから腹式呼吸が必要なんだ!」

(「腹式呼吸ができたら声がよくなる」のではないのですよ!)
と、自分の中から、ボイトレで必要とされていることが次々と見つかります。

もちろん、根性論のレッスンではありません!私はそもそも絶対怒りません(笑)


ただいま無料体験オンライン・ボイトレ受付中です


現在のような状況を考え、そしてより多くの方に、浜渦式ボイトレの楽しさをお伝すべく、オンラインボイトレの無料体験レッスンを実施しております。
また現在、入会金無料で1レッスン5000円とさせ知多抱いております。

レッスン料金というのは、ピンからキリまで。
その決め方は、広告料や人件費といった、提供側の都合や、講師の質、プライドなどの中身の問題もあります。
私は、自分はいまのボイトレ界では、誰にも真似できない最高のレッスンを提供しているつもりです。
「自分で言うな?」
ですよね!
でも、このくらいの気持ちと責任感がないと、生徒さんの将来を左右しかねない、声と呼吸を扱う資格がないのではないでしょうか・・・少なくとも私はそう思っています。
そんな中で考えた最低料金のつもりです…。

批判はよくないですが、売らんかなのボイトレ、講師から搾取するようなボイトレ、根性論は減ったものの、論理先行で感動や双方向の想いのやりとりがないがしろにされるボイトレ…これらが蔓延しているのも事実です。

カラオケが上手くなりたい、高い声を出したい、楽に歌いたい…もちろん素晴らしいし全力で応援したいです。
しかし、それが偏差値的な点取りゲームや、ひとより上手くありたい気持ちはそこそこにして、あくまで、感動を生み出し、共有することが第一であることを頭の片隅に置いていただければ幸いです^^
-オンライン・レッスンについて-

オンライン・ボイトレ・レッスン(ただいま体験無料)

外出が難しい方、遠くて通えない方、海外在住の方のためのオンラインレッスンです。新型コロナウイルスの影響が収束するまでは割引料金にてご案内しております。ボイトレの基礎である、呼吸法・発声法を中心に、無理なく自然に相手に伝わる歌唱と声の出し方、相手と空間を共有する呼吸の作り方、歌唱、またセリフ・話し方などを楽しくレッスンします。


【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

記事更新【オンラインレッスンより・ボイトレ動画】「胸の内側の壁」を意識した呼吸で自然な音程の声を出す方法

Facebook動画キャプチャ

ボイストレーナーの浜渦です。
皆様無事に過ごされていらっしゃいますでしょうか。
私は、3月から全てのレッスンをオンライン・レッスン(今風に言うとリモート・レッスン?)に切り替えさせていただいております。

これまでもオンライン・レッスンは、海外在住の方に向けて限定的に行なっていたのですが、FaceTimeやメッセンジャー、zoom、LINEなどの品質も良くなり、生徒さんからは「自宅のリラックスと意外近い距離感で楽しい」など、ご好評をいただいております。

今日は、Facebookページより、オンラインレッスンでも実践させていただいております「胸の壁」の呼吸で自然な音程の声を出す方法(動画)をご紹介ます。

動画をご覧いただき、身体が硬くならないよう、胸を開き、胸の「内側の壁」に息を擦り、まとわりつかせるような呼吸を意識を持っていただければと思います。これは健康にも直結します。
自宅にこもっている方のレッスンをさせていただくと、力は抜けていても縮こまっていたり、体は開いていても固まっていたりという方が多いのがわかります。
発声・呼吸と、喉の痛くならない自然な歌唱はもちろんですが、体とこころを健やかに保っていただく一助になればと思います。

鼻腔共鳴や頭声も、ここができないと、ただの鼻声にや頓狂な声になってしまうんですよ!

いま悶々とされている方のために…なるかどうかはわかりませんが、お役に立てれば幸いです。
ポイントは、音程のない自然発生的声を出すこと。そんな呼吸を作ることです。
ただ、この日は寒く、思いっきりウルトラライトダウンの普段着なのが無念です・・・

Faebookページの当該記事はこちらです
【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

記事更新【息をハフハフするだけ】息の通りを良くして喉をが開き声も楽になる方法【簡単・10秒で実践】

ボイストレーナーの浜渦です。
本家WEBサイトで続々ボイトレブログを更新中です。

新型コロナウイルスの影響で、外出を自粛されている方も多いかと思います。
自宅にこもっていると、息も停滞しがちですよね。現在レッスンはオンライン・レッスンのみとさせていただいておりますが、受講される生徒さんも「体が停滞してストれるが溜まっているからレッスンを受けたい」という方が多いですね。

さて、今回のボイトレ・アドバイスのポイントは息を「ハフハフさせるだけ」です。
ここに声を混ぜるだけで、息が程よく混ざった自然な音色と音程の声がでやすくなります。

この呼吸法は、現在オンライン・レッスンを受講中の皆様にはすでにおなじみの方法ですが、皆様もぜひお試しくださいね。
※ただいまオンライン・レッスン無料体験レッスン実施中です。

まず、ほんの少しだけ下顎を受け口気味にして、1回目だけ、喉の奥が涼しく感じるような呼吸を吸います。あとは熱いおでんを食べるように口の中でハフハフさせましょう。以上です。


本当にかいつまんで言えばこういうことです。
そんなバカなとと思われるかもしれませんが、注意事項を少し参考にしながら実践してみてください。

ハフハフ呼吸に声を混ぜるだけで、息が程よく混ざった自然な音色と音程の声がでやすくなります。
実はこの呼吸、喉が開いて、呼吸に弾力が生まれるだけでなく、自然と背筋・体幹や腹筋、表情筋を使います

響きは明るく、表情や胸も、自然に上向きになるんです。
体はジワジワ、でも心地よく疲れられます。
胃や腸も刺激され、健康に良いのはもちろん、美容効果も抜群ですので、一日中、暇さえあれば意識してほしいくらいです。
さあ、レッツ・トライ!

◆詳細と実践のポイントはこちらをご覧ください◆
吸う呼吸や、口の形など気をつけるべき点などを書いてあります。
【息をハフハフするだけ】息の通りを良くして喉をが開き声も楽になる方法【簡単・10秒で実践】
更新した記事はこちらです。

【息をハフハフするだけ】息の通りを良くして喉をが開き声も楽になる方法【簡単・10秒で実践】

どなたにでも簡単に実践できるボイトレメソッド。オンライン・レッスンで実践中の、喉が開き、息が混ざり、無理な力が入らない呼吸・発声法をご紹介します。浜渦メソッドは、今までのボイストレーニングやボイトレ本ではよくわからなかった声の秘密を、どなたでも想像しやすい「実生活」の体験から本質に迫ります。



浜渦ボイストレーニング・メソッドは、誰にでも体験しうる、想像しやすい事象を再現することで本質に迫っていくメソッドをたくさん使います。いくら正しい論理でも、想像もつかないようなものは、なかなか身につかない、と考えているからです。

◆オンライン・レッスンについて◆
ただいま「無料体験レッスン」受付中です。

オンライン・ボイトレ・レッスン(ただいま体験無料)

外出が難しい方、遠くて通えない方、海外在住の方のためのオンラインレッスンです。新型コロナウイルスの影響が収束するまでは割引料金にてご案内しております。ボイトレの基礎である、呼吸法・発声法を中心に、無理なく自然に相手に伝わる歌唱と声の出し方、相手と空間を共有する呼吸の作り方、歌唱、またセリフ・話し方などを楽しくレッスンします。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

スマホの電源を切ろう、漠然とした不安を取り除こう

ボイストレーナーの浜渦です。
スマートフォンはとても便利ですよね。。しかし、スマートフォンには弊害もありますよね。
呼吸が硬くなったり、想像力が衰えてしまうことが、一番の怖さでしょうか。
このブログをご覧の皆様は、声に興味のある方、カラオケや歌うことが大好きな方が多いと思います。
「スマートフォンを手放して時に電源を切ろう」という記事を書きましたのでご紹介しますね。

スマホの電源を切ろう、漠然とした不安を取り除こう

呼吸を固めてしまう「スマホ」思い切って電源を切ってみましょう。最初なんとなくソワソワ5分後、気づいたら手に10分後やっと諦めるが、暇で仕方がない15分後あれこれ考え始める20分後呼吸が動き出し、やりたかったこと、やるべきことが見えてくる、思い出す。呼吸を止めずに流すための簡単アドバイスです。


私なんかに言われなくても、そんなことはわかってる!という方がほとんどだと思いますが、不安になったり、なんとなく暇を持て余すと、ついつい手が出てしまいま、手を出して時間をなんとなくすごしてまた不安になる…そんなスパイラルに陥ってはいませんか?

スマホを手放そう


スマホを手放せないあなた。手放すと素敵なことが待ってますよ。
「無理やり」電源を切って一度手放してみましょう。

  • 最初なんとなくソワソワ

  • 5分後、気づいたら手に

  • 10分後やっと諦めるが、暇で仕方がない

  • 15分後あれこれ考え始める

  • 20分後呼吸が動き出し、やりたかったこと、やるべきことが見えてくる、思い出す。


これは私のパターンです。ボイストレーナーがこんなことではダメなのですが…^^;

よく考えれば(考えなくとも)呼吸が停滞するなんて、歌唱やボイトレの大敵なわけです。


まあ、当たり前といえば当たり前ですが、とても気をつけていてもうっかり固まってしまうのがスマホの罠ですね。
15分後の「あれこれ考え始める」のがとても大切だと痛感しています。

呼吸がなかなか動かない時は


スマホを手放しても呼吸が停滞していると感じることはよくあります。疲れていたり、内臓が重くなっていたり、不安を感じていたり。そんな時は座禅やストレッチを。



更新した記事では、座禅やお香、ストレッチなど呼吸を柔らかく流すためのアドバイスを簡単に書いています。
特に座禅は、ストレッチ前にもおすすめです。
あまり細かくやり方を考えずに、まずやってみることがとても大切です♪

座禅を組む私

座禅は、足の組み方や呼吸法、手の組み方も色々ありますが「とにかく始めてみること」が大切だと思います。そして一旦始めたら、5分くらいは我慢すること。そうすれば自分の姿勢の欠点や、正しい姿勢も自然に見えてきます。


これに尽きます。15分もやれば、きっと「やってよかった」と思っていただけると思います。更新記事には、座禅時のアドバイスも少しだけ。本格的にやりたい方も、まずは我流でやってみて良いかと思います。

ちなみに写真の男性は…私です。。。

座禅を15分ほどしても、呼吸に違和感がある時は、相当体が固まっていることが考えられます。座禅の後に、違和感を感じたところを中心にストレッチしましょう。特に胸と肩の間や、下腹部〜おへその横の腸腰筋はしっかり伸ばしましょう。


腸腰筋や胸と脇の間〜大胸筋はとても固まりやすい場所です。また、肩甲骨を左右に開くイメージも大切ですよ。

いきなりストレッチよりも、まず座禅や瞑想をやってみて、体の不調箇所を探ってからはじめるのが良いと思います。

漠然とした不安が呼吸を止める


毎日の生活や人付き合いだけでなく、新型コロナウイルスの影響で、不安な毎日をお過ごしの方も多いと思います。将来への不安も多くの方が持っていることでしょう。私もその一人です。経済的にも、フリーランスにはなかなか厳しいです。同業者のみなさん、いや、全ての皆さん、共に生き残るのではなく「生き抜き」ましょう!そのためには「生き抜き」ならぬ「息抜き」も大切です。


漠然とした不安は一番良くないと思います。私はそういう心労が祟って悪性リンパ腫になってしまった面もあるのかなと思っています。それが原因ではなかったとしても。やはりよくないことは確かです。

呼吸が止まって良いことは何一つありませんからね^^

一番は「たまには」電源を切ってしまうことです♪
こんな時期ですから、オンラインレッスンが人気になっています。
この状況ですから、1レッスン5000円にさせていただいています。
またブログをみたと言っていただければ体験レッスンを無料にさせていただきます。
(先着5名。状況によって、予告なく締め切りさせていただきますのでお早めに。)

オンライン・レッスン

外出が難しい方、遠くて通えない方、海外在住の方のためのオンラインレッスンです。新型コロナウイルスの影響が収束するまでは割引料金にてご案内しております。ボイトレの基礎である、呼吸法・発声法を中心に、無理なく自然に相手に伝わる歌唱と声の出し方、相手と空間を共有する呼吸の作り方、歌唱、またセリフ・話し方などを楽しくレッスンします。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイトレ記事更新【昨日できていたことが今日できなくても焦らないために】

パフォーマンス

ボイストレーナーの浜渦です。
公式サイトにてボイトレブログを更新しました。

「昨日はできていたことが今日できない」と焦ってしまいますよね。

「昨日はなぜできたのか?」
「偶然か?」それとも
「今日はやり方を間違っているのか?」

焦ってあれこれ違うことをやることはスランプに陥る原因となります。

その日のパフォーマンスの上限値は毎日変わる


例えば「昨日の歌は自己採点で80点だった」としましょう。しかし、それは「何点満点中」だったでしょうか。「100点満点中80点だった」のか「80点満点中80点だった」のか「200点満点中80点」だったのかでは大きく意味は変わりますよね。

はまうずブレスデザインWEB


ここが大切です。毎日体調が安定し、メンタルも安定していると、自分自身という楽器のパフォーマンスの上限値も、安定してくるでしょう。しかし、人間はそこまで便利にできていません。ちょっとしたことでパフォーマンスの上限値(=何点とれば満点になるか)は変わってしまうものです。

仮に昨日は「80点満点中80点」だったとしたら、たとえ80点でも、その「やりきった」満足感は相当なものでしょう。ところが、今日は自分では勝手に昨日と同じくらいのつもりでいても、知らず知らずのうちに疲れていたり、睡眠不足などで、パフォーマンスの上限値が70点満点に下がっている可能性も大いにあるわけです。

はまうずブレスデザインWEB

はまうずブレスデザインWEB



80点で満点になるテストを受けて80点をとったら、つまり今日のできることを「100パーセント出し切った」状態であり、満足感は高いというわけです。ところが気づかぬうちに疲れていたりして、満点が70点になっていたら…もう昨日の80点を取るのは難しくなるわけです。

怖れると焦る


人間は進化したいわけですから、昨日より点数が落ちるのを怖れます。
しかし、そもそも上限があるのに、それ以上の点数を取ることは難しいわけです。
そういう時に人は焦ります。

焦らないために大切なのは、実際の点数ではなく、今日のできることの何パーセントを達成できたかです。

昨日が100点満点中80点なら、今日は50点満点だから…「40点取れればいいや」という感覚が大切です。つまり上限値の「何パーセント」取れたかが重要なのです。



パフォーマンスの上限値をあげる努力と点数を取る努力


●その日の上限値=満点が何点か
●結果=実際の点数

となるわけですから、長期的に見れば上限値をあげる努力がより大切になってくるでしょう。

満点である上限値は睡眠や運動や食事など、またメンタルを保つ努力(例えば座禅や瞑想もそうでしょう)がもたらすもの。つまり、毎日の生活そのもので上げていきます。

また、結果としての点数は練習や発声・歌唱の研究で上げていくことになるでしょう。

はまうずブレスデザインWEB



もちろん、個人差はあります。上限値を安定して保てても、練習をしなければ上達はしませんし、いくら練習しても上手くならない人は、上限値=【体が楽器になっているか、体調やメンタルが安定しているかなど】、またその上限値をあげる努力をすることを考えてみてください。

パフォーマンスの上限値をあげることは、可能性を増やす行為でもあります。
こんなことも考えて練習をしていくと、ますます自分の体や声を楽しめると思います。
ご健闘を祈ります!

記事全文はこちら

体のパフォーマンスは毎日変わる!昨日できていたことが今日できなくても焦らないために

歌唱練習や発声練習を焦らず楽しくマイペースで続ける大切なポイントを解説。「常に80点を取る努力よりも、常に満点の80%を取る努力をする」一方で「常に満点が100点になる努力をする」満点が80点の日に100点を取る努力をすると練習は嘘をついてしまいます。専門プロボイストレーナー浜渦弘志によるマンツーマンボイストレーニング。スタジオレッスン(東高円寺・新宿・横浜)とオンラインボイトレ。

【浜渦メソッド受講・体験レッスンのお問い合わせ・お申し込み】
>>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。
※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 自然に身体と喉を開いて生まれる自然で豊かな声と呼吸で空間というキャンバスに自由に描き出す・・・その喜びをぜひ感じてください。 レッスンは浜渦弘志のマンツーマンレッスンです。
レッスンスタジオ:東高円寺・新宿・センター南・尼崎
  • Comment:0
  • Trackback:0
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ